【A評価】読書について

4.0
読書

「読書とは他人にものを考えてもらうことである。

1日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失ってゆく。」―一流の文章家であり箴言警句の大家であったショウペンハウエル(1788‐1860)が放つ読書をめぐる鋭利な寸言、痛烈なアフォリズムの数々は、出版物の洪水にあえぐ現代の我われにとって驚くほど新鮮である。

「読書について」について

読書について 他二篇 (岩波文庫)
読書について 他二篇 (岩波文庫)

概要

著者ショウペンハウエル
発売日1983年7月1日
ページ数158ページ

読書についての要約

【15分解説】読書について|ショウペンハウエル ~世界的名著に学ぶ最高の読書術~

読書についての評価・レビュー

評価平均4.0 ★★★★☆
amazon4.2 ★★★★☆
楽天ブックス3.9 ★★★★☆
ブクログ3.8 ★★★★☆
ホント4.1 ★★★★☆
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

読書についての評価・レビュー記事

『読書について』悪書だらけの新刊を避け、良書を読むために

 キーワードとなるのは、やはり「思索」なのではないだろうか。要するに、本書で語られている「読書について」とは、「思索」ありきの“読書”であり、それ以外はすべて“悪書”として切り捨てているように見える。

読書についての価格

定価704円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者ショウペンハウエル
発売日1983年7月1日
ページ数158ページ
総合評価4.0 ★★★★☆

読書について

読書術をシッカリと学べるオススメ本26選

タイトルとURLをコピーしました