【読書術】シンプルかつ王道の読書術

4.0
読書本

読書術について

読書術 (岩波現代文庫)
読書術 (岩波現代文庫)

概要

著者 加藤周一
発売日 2000年11月16日
ページ数 218ページ
amazon評価(記事執筆時点) 4.5 ★★★★☆(54

著者 加藤周一について

1919‐2008年。東京生まれ。東京大学医学部卒。

戦後、多彩な執筆活動を展開。中村真一郎・福永武彦と『1946・文学的考察』『マチネ・ポエティク詩集』などを刊行。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学をはじめ、ドイツ、イギリス、アメリカ、スイス、イタリアの大学や、上智大学、立命館大学などで教鞭をとる。

2004年、平和憲法擁護の「九条の会」の呼び掛け人となる(「BOOK著者紹介情報」より

読書術の内容

メインテーマ:シンプルでドっ直球な読書術

読書を楽しみ、本を愛しておられる加藤先生の、読書に向き合う姿勢について書かれている書籍です。

本を読む姿勢から、速読すべきなのか遅読がいいのか、どんな本を選べば良いのか、外国語の本を読むときはどうすれば良いのかを、自身の体験を交えて解説されておられます。

内容的に特に突飛な部分はなく、王道の読書術!という感じの内容になっています。

読書をするにあたって雛形となるような考え方が欲しいな・・・という方におすすめの一冊です。

読書術 (岩波現代文庫)
読書術 (岩波現代文庫)

コメント


タイトルとURLをコピーしました