【本を読む本】本の骨格を浮かび上がらせる読書法

5.0
読書本

本を読む本について

本を読む本 (講談社学術文庫)
本を読む本 (講談社学術文庫)

概要

著者 J・モーティマー・アドラー
V・チャールズ・ドーレン
発売日  1997年10月9日
ページ数 266ページ
amazon評価(記事執筆時点) 4.1 ★★★★☆(266

著者について

【M・J・アドラー】

1902年生まれ、コロンビア大学卒業。シカゴ大学哲学教授、哲学研究所所長、エンサイクロペディア・ブリタニカ編集長などを歴任。

【C・V・ドーレン】

1926年生まれ。コロンビア大学卒業。同大英文学教授を経て、エンサイクロペディア・ブリタニカ・インコーポレイティッド副社長。

本を読む本の内容

メインテーマ:良書を本当の意味で自分の血肉にするための読書術

読書術系の本で最高峰の内容と読んでも過言ではない内容となっています。

読書のレベルを大きくわけて4つのレベルあるとし、その中でも読書を血肉にするための読み方”分析読書”の手法の解説に誌面の多くを割いています。

本は骨格に肉が付き、その上に衣が着せられている。
その衣をはがし、肉を落とし、骨格をあらわにし、その骨格を理解することこそが読書であり、そうして初めて「本を読んだ」と言える。

骨格まで理解できていない読書は読書をしたとはまだ言えない。

そんな骨太な内容の本です。
1940年に発刊された歴史がある書籍ですが、現代でも十分通用する内容であり、むしろ、現代発刊されているいかなる読書本をもってしても、この書籍のレベルの高さにおいつけていないかもしれません。

名著です。

本を読む本 (講談社学術文庫)
本を読む本 (講談社学術文庫)

コメント


タイトルとURLをコピーしました