【C評価】地政学入門 改版

3.0
地政学

地政学とは地球全体を常に一つの単位と見て、その動向をリアル・タイムでつかみ、そこから現在の政策に必要な判断の材料を引き出そうとする学問である。誤解されがちだが、観念論でも宿命論でもない。本書は現代の地政学の開祖マッキンダー、ドイツ地政学を代表するハウスホーファー、そしてマハンらによるアメリカ地政学を取り上げ、その歴史と考え方を紹介する。地図と地球儀を傍らに、激動の国際関係を読み解こう。

地政学入門 改版について

地政学入門 改版 - 外交戦略の政治学 (中公新書)
地政学とは地球全体を常に一つの単位と見て、その動向をリアル・タイムでつかみ、そこから現在の政策に必要な判断の材料を引き出そうとする学問である。従来、誤解されがちな観念論でも宿命論でもない。本書は現代の地政学の開祖マッキンダー、ドイツ地政学を代表するハウスホーファー、そしてマハンらによるアメリカ地政学を取り上げ、その歴史...

概要

著者曽村保信
発売日2017年7月19日
ページ数226ページ

著者 曽村保信について

1924(大正13)年、東京に生まれる。1947(昭和22)年、東京大学法学部卒業。東京外国語大学講師、東京理科大学教授、北陸大学教授を経て、東京理科大学名誉教授。国際戦略問題研究所(IISS)のメンバー。専攻、外交史。2006(平成18)年7月逝去

地政学入門 改版の評価・レビュー

評価平均3.3 ★★★★☆
amazon4.1 ★★★★☆
楽天ブックス3.2 ★★★☆☆
ブクログ3.2 ★★★☆☆
ホント3.2 ★★★☆☆
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

地政学入門 改版の価格

定価814円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者曽村保信
発売日2017年7月19日
ページ数226ページ
総合評価3.3 ★★★★☆

地政学入門 改版

タイトルとURLをコピーしました