【読書の価値】一流ベストセラー作家の読書観が知れる一冊

4.0
読書本

読書の価値について

読書の価値 (NHK出版新書 547)
読書の価値 (NHK出版新書 547)

概要

著者 森博嗣
発売日  2018年4月6日
ページ数 224ページ
amazon評価(記事執筆時点) 4.3 ★★★★☆(74

著者 森博嗣について

1957年、愛知県生まれ。小説家。工学博士。某国立大学の工学部助教授のかたわら、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー

「読書の価値」の内容

メインテーマ:ベストセラー作家の読書体験の歴史と私見

累計1600万部を超えるベストセラー作家でもある著者が、幼少期からの読書体験や、楽しさについてが前半で書かれており、後半では、読むだけではなく書くことや選書にも考えを述べておられます。

読書の価値 (NHK出版新書 547)
読書の価値 (NHK出版新書 547)

コメント


タイトルとURLをコピーしました