【S評価】居るのはつらいよ

4.5
心理

京大出の心理学ハカセは悪戦苦闘の職探しの末、ようやく沖縄の精神科デイケア施設に職を得た。

しかし、「セラピーをするんだ!」と勇躍飛び込んだそこは、あらゆる価値が反転するふしぎの国だった――。

ケアとセラピーの価値について究極まで考え抜かれた本書は、同時に、人生の一時期を共に生きたメンバーさんやスタッフたちとの熱き友情物語でもあります。
一言でいえば、涙あり笑いあり出血(!)ありの、大感動スペクタクル学術書!

居るのはつらいよについて

居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書 (シリーズ ケアをひらく)
居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書 (シリーズ ケアをひらく)

概要

著者東畑開人
発売日2019年2月18日
ページ数368ページ

著者 東畑開人について

1983年生まれ。2010年京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。
沖縄の精神科クリニックでの勤務を経て、2014年より十文字学園女子大学専任講師。
2017年に白金高輪カウンセリングルームを開業。
臨床心理学が専門で、関心は精神分析・医療人類学。
著書に、『美と深層心理学』京都大学学術出版会、『野の医者は笑う』誠信書房、『日本のありふれた心理療法』誠信書房、監訳書に『心理療法家の人類学』(J.デイビス著)誠信書房がある。

居るのはつらいよの評価・レビュー

評価平均4.5 ★★★★☆
amazon4.5 ★★★★★
楽天ブックス4.5 ★★★★★
ブクログ4.3 ★★★★☆
ホント4.5 ★★★★★
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

居るのはつらいよの価格

定価2,200円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者東畑開人
発売日2019年2月18日
ページ数368ページ
総合評価4.5 ★★★★☆

居るのはつらいよ

タイトルとURLをコピーしました