【A評価】佐久間宣行のずるい仕事術

4.0
仕事

就活生、新社会人からベテランまで、どの業界でも役に立つ、佐久間宣行からの62のアドバイス。

天才ではなくフツウの人こそマネすれば、一目置かれる人になる!
佐久間宣行が22年のサラリーマン人生の集大成として本気で書いたビジネス書。
特別ではない人こそ特別になれる珠玉の1冊!

佐久間宣行のずるい仕事術について

佐久間宣行のずるい仕事術
佐久間宣行のずるい仕事術

概要

著者佐久間宣行
発売日2022年4月6日
ページ数232ページ

著者 佐久間宣行について

1975年11月23日、福島県いわき市生まれ。テレビプロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティ。「ゴッドタン」「あちこちオードリー」「ピラメキーノ」「ウレロ☆シリーズ」「SICKS~みんながみんな、何かの病気~」「キングちゃん」などを手がける。元テレビ東京社員。2019年4月からラジオ「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティを担当。YouTubeチャンネル「佐久間宣行のNOBROCK TV」も人気。著書に『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』(扶桑社)がある。

佐久間宣行のずるい仕事術の要約

【新刊】佐久間宣行のずるい仕事術|おもしろ神企画は「怒り」から生み出すんです。

佐久間宣行のずるい仕事術の評価・レビュー

評価平均4.3 ★★★★☆
amazon4.7 ★★★★★
楽天ブックス4.1 ★★★★☆
ブクログ3.9 ★★★★☆
ホント4.1 ★★★★☆
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

佐久間宣行のずるい仕事術の評価・レビュー記事

【現代版 孫子の兵法】元テレ東佐久間さんの「ずるい仕事術」を読んでの感想

余談ですが、この本を読んで思い出したのは孫子の兵法です。

孫子の兵法は良い本なのですが、初見で読みにくいのが玉にキズ。
なので、佐久間さんの本を現代版孫子の兵法として読むのがおすすめです。

【現代版 孫子の兵法】元テレ東佐久間さんの「ずるい仕事術」を読んでの感想|Koushi Kagawa|note
プロダクトのドキュメント担当という仕事柄、様々なチームの方とやりとりすることが多いのですが、今のチーム、本当にとても優秀で真面目な人が多いなと感じます。 一方で、真面目な方は責任感も強い方が多い気がします。 責任感が強いことはもちろん良いことなのですが、責任感が強すぎるゆえ、タスクを自分で抱え込んでしまい、結果忙しく...

【感想・要約】まだ消耗しているの?賢く仕事してやりたいことをやろう!『 ずるい仕事術 』佐久間宣行【著】

本書は「ずるい」を”正しく使いこなす方法”が書かれています。

「ずるい」とは周りと戦わずに、自分のやりたいことを実現する方法です。

  • 人付き合いは悪くていい
  • 「メンタル」第一、「仕事」は第二
  • 給料分働けばプロ

など一見常識から外れてずるいように見えます。
でも「ずるい」が悪い意味で使われているわけではありません。

自分の価値を高め、時間を確保するための賢い方法として昇華されています。

【感想・要約】まだ消耗しているの?賢く仕事してやりたいことをやろう!『 ずるい仕事術 』佐久間宣行【著】
あなたは真面目に生きていますか?もしかしたら、いたずらに会社で消耗しているかも知れませんよ?『 ずるい仕事術 』はずるい仕事の方法を解説しています。"ずるい"とは周囲と戦わずに、自分のやりたいことを実現する方法です。まだ読んでいないあなた、無駄にストレスを抱えている可能性がありますよ。

まとめ

著者佐久間宣行
発売日2022年4月6日
ページ数232ページ
総合評価4.3 ★★★★☆
佐久間宣行のずるい仕事術
佐久間宣行のずるい仕事術
タイトルとURLをコピーしました