【「読まなくてもいい本」の読書案内】

読書本

「読まなくてもいい本」の読書案内について

「読まなくてもいい本」の読書案内 (ちくま文庫)
「読まなくてもいい本」の読書案内 (ちくま文庫)

概要

著者 橘玲
発売日 2019年5月9日
ページ数 381ページ
amazon評価(記事執筆時点) 4.2 ★★★★☆(169

内容

「何を読めばいいんですか?」と聞かれるたびに困った。「読むべき本」が多すぎる!だから「実は読まなくてもいい本」を決めればいいのでは、と考えた。「知のパラダイム変換」が起きた今、複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、ICT(情報通信技術)の分野で「読むべき本」が浮かび上がる驚きの読書術。文庫版書下し「リベラル化する世界の分断」を加えパワーアップして再登場!

著者 橘玲について

作家。1959年生まれ。国際金融情報小説『マネーロンダリング』(幻冬舎)でデビュー。投資、経済、社会時評に関するフィクション、ノンフィクションのどちらも手がける

「読まなくてもいい本」の読書案内 (ちくま文庫)
「読まなくてもいい本」の読書案内 (ちくま文庫)

コメント


タイトルとURLをコピーしました