【S評価】2030 半導体の地政学

4.5
オペレーション

米中対立の情勢分析、最先端の技術開発の現場ルポ、過去の日米摩擦の交渉当事者の証言などを交えながら、技術覇権をめぐる国家間のゲームを地政学的な視点で読み解き、ニッポン半導体の将来像を展望します。

2030 半導体の地政学について

2030 半導体の地政学 戦略物資を支配するのは誰か
【内容紹介】 米中対立の激化に伴い、戦略物資としての半導体の価値が高まっています。米バイデン政権は政府助成による国内企業のテコ入れを急ぎ、中国への技術移転を阻止する政策を矢継ぎ早に打ち出しました。日本でも半導体産業の復興を目指した国家戦略が始動しています。自動車で進むCASE革命をはじめ経済のデジタル化において半導体は...

概要

著者太田泰彦
発売日2021年11月20日
ページ数288ページ

著者 太田泰彦について

日本経済新聞社編集委員

1961年生まれ。北海道大学理学部卒業、85年日本経済新聞社入社。科学技術部、産業部、国際部、ワシントン支局、経済部、フランクフルト支局、論説委員兼国際部編集委員、アジア総局編集委員などを経て現職。

2030 半導体の地政学の評価・レビュー

評価平均4.5 ★★★★☆
amazon4.6 ★★★★★
楽天ブックス4.6 ★★★★★
ブクログ4.3 ★★★★☆
ホント4.6 ★★★★★
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

2030 半導体の地政学の価格

定価1,980円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者太田泰彦
発売日2021年11月20日
ページ数288ページ
総合評価4.5 ★★★★☆

2030 半導体の地政学

タイトルとURLをコピーしました