【A評価】子どもが心配 人として大事な三つの力

4.0
子育て

子どもたちの遊び場が次々に消失し、体を使って外で遊ぶ子どもの姿を見なくなった。

自殺する子どもも、後を絶たない。子どもは本来「自然」に近い存在だと論じる解剖学者が、都市化が進んだ現代の子どもを心配に思い、四人の識者と真摯に語り合う。

子どもが心配 人として大事な三つの力について

子どもが心配 人として大事な三つの力 (PHP新書)
子どもたちの遊び場が次々に消失し、体を使って外で遊ぶ子どもの姿を見なくなった。自殺する子どもも、後を絶たない。子どもは本来「自然」に近い存在だと論じる解剖学者が、都市化が進んだ現代の子どもを心配に思い、四人の識者と真摯に語り合う。 医療少年院で非行少年の認知能力の低さに愕然とし、子どもの認知能力の向上に努めてきた宮口幸...

概要

著者養老孟司
発売日2022年2月16日
ページ数224ページ

著者 養老孟司について

1937年、鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。

95年、東京大学医学部教授を退官し、同大学名誉教授に。89年、『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞を受賞。 著書に、『唯脳論』(青土社・ちくま学芸文庫)、『バカの壁』『超バカの壁』『「自分」の壁』『遺言。』『ヒトの壁』(以上、新潮新書)、『日本のリアル』『文系の壁』『AIの壁』

子どもが心配 人として大事な三つの力の評価・レビュー

評価平均4.1 ★★★★☆
amazon4.4 ★★★★☆
楽天ブックス4.1 ★★★★☆
ブクログ3.6 ★★★★☆
ホント4.0 ★★★★☆
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

子どもが心配 人として大事な三つの力の価格

定価990円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者養老孟司
発売日2022年2月16日
ページ数224ページ
総合評価4.1 ★★★★☆

子どもが心配 人として大事な三つの力

タイトルとURLをコピーしました