【知識を操る超読書術】自分の知識へとコスパよく変換するための読書術本

3.5
読書本

知識を操る超読書術について

知識を操る超読書術
知識を操る超読書術

概要

著者 メンタリストDaiGo
発売日 2019年11月20日
ページ数 240ページ
amazon評価(記事執筆時点) 4.3 ★★★★☆(681

著者 メンタリストDaiGoについて

慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業。

人の心をつくることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究。

英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとして数百のTV番組に出演。その後、活動をビジネスおよびアカデミックな方向へと転換し、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授として活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

知識を操る超読書術の内容

メインテーマ:読書を知識に変換するためのスキル・メソッド

読書をただの読書体験に終わらせるのではなく、読んだ内容と血肉に変えていくことを目的に、どのような読書をすればいいのかというノウハウやメソッドがまとめられているのが「知識を操る超読書術」です。

その中で、読書を知識に変えるには次の3段階のサイクルをグルグルと回すことであると著者のDaigoさんは仰ってます。

  1. 本を読む準備
  2. 本の読み方を整える
  3. 本から得た知識のアウトプット

この3段階をグルグル回すことが読書であって、その3段階の中で気を付けるべき事や使えるノウハウを教えてくれています。

本を読む準備

ただ本を手に取って読むのも良いのですが、更に深く理解するためには、本を読む前に、どのような本を選ぶのか、何のために本を読むのかなどを明確にしてから読むことが大切です。

そのために効果的なメソッドが紹介されています。

本の読み方

本を読み方には、色々な読み方があります。

速読、多読などもその1つですし、どこに重点を置いて読むのかも読み方の1つです。
例えば、予測読みという読み方を使うことで理解力を高めることができます。

そのような読み方のメソッドが紹介されています。

本から得た知識のアウトプット

読んだだけでも知識としてストックされますが、大切なのはそのストックされた知識を効率よくアウトプットできるのか否かです。

そのアウトプット術も紹介されています。

知識を操る超読書術
知識を操る超読書術

コメント


タイトルとURLをコピーしました