【A評価】最強兵器としての地政学

4.0
国際政治

朝鮮戦争・ベトナム戦争から現在進行中の南シナ海紛争まで、そのカラクリが、類書にないオリジナルのチャートと地図で一目瞭然!二色刷!目からウロコの地図満載!現実を直視し“九条真理教”を捨て、“海洋国家”日本に目覚めよ!!リーマンショック、クリミア併合、英EU離脱など数々の事件を予測した国際政治学者・藤井厳喜がおくる「地政学」入門書の決定版!

最強兵器としての地政学について

あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学
あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学

概要

著者藤井厳喜
発売日2016年9月17日
ページ数216ページ

著者 藤井厳喜について

1952(昭和27年)東京都江戸川区生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。在学中より将来の日本オピニオン・リーダーを目指し、哲学・思想・政治学・経済学・社会学等を幅広く探求。早稲田大学在学中、教養課程のゼミでは、バートランド・ラッセル論の牧野力先生に、専門課程のゼミでは政治思想の大谷恵教先生に師事。卒論のテーマは、エーリッヒ・フロム。1977~1985年、アメリカ合衆国へ留学。クレアモント大学大学院で政治学修士号取得。現在、呉竹会アジア・フォーラム代表幹事、一般社団法人・日本クルド友好協会理事、拓殖大学日本文化研究所・客員教授、株式会社ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役

最強兵器としての地政学の評価・レビュー

評価平均4.1 ★★★★☆
amazon4.4 ★★★★☆
楽天ブックス4.0 ★★★★☆
ブクログ4.0 ★★★★☆
ホント4.1 ★★★★☆
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

最強兵器としての地政学の価格

定価1,356円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者藤井厳喜
発売日2016年9月17日
ページ数216ページ
総合評価4.1 ★★★★☆

最強兵器としての地政学

タイトルとURLをコピーしました