【A評価】心理的安全性のつくりかた

4.0
マネジメント

本書では心理的安全性が「ヌルい職場」ではなく、健全な衝突を生み出す機能であることを解説し、日本における心理的安全性の4因子「話しやすさ」「助け合い」「挑戦」「新奇歓迎」を紹介します。

また、研究でわかった心理的安全なチームリーダーに必要な「心理的柔軟性」と、4因子を活性化させるための行動分析によるフレームワークを解説。

本書によって曖昧に語られてきた心理的安全性が共通言語となり、指標化とアプローチ方法によって具体的かつ効果的な高め方を導き出せます。

心理的安全性のつくりかたについて

心理的安全性のつくりかた
心理的安全性のつくりかた

概要

著者石井遼介
発売日2020年9月1日
ページ数336ページ

著者 石井遼介について

ZENTech株式会社チーフサイエンティスト。

慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所研究員。シンガポール国立大経営学修士。東京大学工学部卒。在学中から3社を創業。
教育・研修領域、環境領域で、ひとの認知モデルを元にしたメソッドづくり・仕組みづくりを行う。官公庁、大企業、国際組織等とのプロジェクトを主導。環境領域で手がけたプロジェクトは、数百万人が参加し、CNN、BBC等のメディアでとりあげられる。
主著に認知行動療法ACTについての入門書となる「悩みにふりまわされて しんどいあなたへ」がある。

心理的安全性のつくりかたの要約

【本要約】心理的安全性のつくりかた(著者;石井 遼介氏)

【9分で解説】心理的安全性のつくりかた(石井 遼介 / 著)

心理的安全性のつくりかたの評価・レビュー

評価平均4.0 ★★★★☆
amazon4.2 ★★★★☆
楽天ブックス4.0 ★★★★☆
ブクログ3.9 ★★★★☆
ホント4.0 ★★★★☆
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

心理的安全性のつくりかたの評価・レビュー記事

『心理的安全性のつくりかた』の書評とサクッと要約|「何でも言ってね」だけでは意味がない

「何でも意見を言ってもいいよ」というだけでは、何も変わらないということが十分理解できました。

『心理的安全性のつくりかた』の書評とサクッと要約|「何でも言ってね」だけでは意味がない - サクっと読書(サクどく)
『心理的安全性のつくりかた』は、チームの誰もが何でも意見を言える状態を作ることの難しさについて、リーダーシップの柔軟性と人間の行動分析、そして言語行動によって解き明かそうとしているものです。著者はZENTechの石井遼介氏。

【読書感想文 #7】心理的安全性のつくりかた

1点誤解して欲しくないのは、心理的安全な環境とは、
外交的な職場であること、アットホームな職場であること、単に結束したチームであること、すぐに妥協をする「ヌルイ職場」のことではなく、
チームのためや成果のために必要なことを、発言したり、試してみたり、挑戦してみたりしても、安全である(罰を与えられたりしない)という環境のことを指します。

心理的安全な環境を目指し、より生産的に仕事をしていきたいですね。

【読書感想文 #7】心理的安全性のつくりかた
はじめにこの本は「心理的安全な組織・チームづくり」に役立つ具体的な方法を提示しています。心理的安全性について何となくわかるけど詳しく知らない、という状態だったため、もう少し深掘りして学ぼうと思い読むことにしました。参考になる部分もあり、自分

『心理的安全性のつくりかた』感想などまとめ

「心理的安全性」というワードへの注目度も高く、しっかり読んでいただいているようでうれしいです。2周目の方もいらして、作ってよかったと苦労が吹っ飛びます。ビジネスの現場はもちろんですが、家庭や社会全体でも「心理的安全性」が必要で、書籍で紹介したような理論と実践が役に立ちそうという意見もけっこうありました。個人が輝く時代に必要なものですよね!

『心理的安全性のつくりかた』感想などまとめ|PsychologicalSafety|note
こんにちは。担当編集です。 『心理的安全性のつくりかた』を発売してから2ヶ月半が経ちました。日本の組織・チームに心理的安全性を普及させ、個人が輝ける場を少しでも増やすために作った書籍ですが、この2ヶ月半の間に4刷まで進み、想定以上に多くの方に手に取ってもらっています。 お読みいただいた方々が感想を挙げてくださって...

心理的安全性のつくりかたの価格

定価1,980円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者石井遼介
発売日2020年9月1日
ページ数336ページ
総合評価4.0 ★★★★☆
心理的安全性のつくりかた
心理的安全性のつくりかた
タイトルとURLをコピーしました