【ファクトフルネス】あなたの現実を歪めている10の思い込みを知れる名著

社会本

人は思い込みに縛られている

そして、その思い込みによって現実を間違って捉えてしまっている。
現実を間違って捉えているので、その判断もやはり間違いであることが多い。

よりよい人生にするためには、その間違いの元となっている「思い込み」に気づき、それに囚われないことですよというテーマで書かれているのが「ファクトフルネス」です。

10の思い込みパターンを豊富な事例を用いて解説してくれている、世界的大ヒットとなった書籍です。

 

  • 正しく現実を捉えて、正しく判断したいと思うあなた
  • 今の状況に至った判断のミスを知りたいあなた
  • もう間違った情報に振り回されたくないあなた

そんなあなたに特におすすめの良書であり名著です。

書籍「ファクトフルネス」について

概要

著者 ハンス・ロスリング
オーラ・ロスリング
アンナ・ロスリング・ロンランド
発売日 2019年1月11日
ページ数 400ページ
amazon評価(記事執筆時点) ★★★★☆(5,821

内容

ここ数十年間、わたしは何千もの人々に、貧困、人口、教育、エネルギーなど世界にまつわる数多くの質問をしてきた医学生、大学教授、科学者、企業の役員、ジャーナリスト、政治家―ほとんどみんなが間違えた。みんなが同じ勘違いをしている。

本書は、事実に基づく世界の見方を教え、とんでもない勘違いを観察し、学んだことをまとめた一冊だ。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 | ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロンランド, 上杉 周作, 関 美和 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロンランド, 上杉 周作, 関 美和のFACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣。アマゾンならポイント還元本が多数。ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロ...

著者 ハンス・ロスリングについて

ハンス・ロスリングは、医師、グローバルヘルスの教授、そして教育者としても著名である。世界保健機構やユニセフのアドバイザーを務め、スウェーデンで国境なき医師団を立ち上げたほか、ギャップマインダー財団を設立した。

ハンスのTEDトークは延べ3500万回以上も再生されており、タイム誌が選ぶ世界で最も影響力の大きな100人に選ばれた。2017年に他界したが、人生最後の年は本書の執筆に捧げた。

ファクトフルネスで学べるポイント

人間が無意識的に抱えている思い込みとその影響

「無くて七癖」というように、人間には本人にも気づかない癖のようなものが備わっています。

その本人も気づかないような思考の癖=思い込みについて紹介しているのが本書なのですが、ただ単に思い込みを紹介しているわけではありません。

その思い込みが実生活にマイナスの影響を与えているよってことを教えてくれているのがこの本で、その思い込みに気づき、そこから自分が離れることを意識して世界を見ようとすることで世の中の本当の姿が見えるんだよ。

それを豊富な事例を提示しながら教えてくれている本です。

10のファクトフルネス

書籍の中では次の10の思い込みについて詳しく解説されています。

分断本能

善と悪、上と下…と二極化させて物事を捉えようとする思考の癖

ネガティブ本能

未来はこれからどんどんもっと悪くなると捉えてしまう思考の癖

直線本能

未来はこの直線延長上だと決めつけてしまう思考の癖

恐怖本能

脅威でも恐怖でもないことなのに怖がってしまう思考の癖

過大視本能

目の前の数字を過大評価して、その数字を基点に考えてしまう思考の癖

パターン化本能

ある事例が全てに当てはまると過度に拡大解釈してしまう思考の癖

宿命本能

結果は生まれつきに決まっていると決めつけてしまう思考の癖

単純化本能

一つの切り口で理解できると考えてしまう思考の癖

犯人捜し本能

犯人を見つけてつるし上げる事で物事が解決すると考える思考の癖

焦り本能

今すぐに手を打たなければ大変な事になると考える思考の癖

まとめ

約400ページ、10の思い込みについて豊富な事例と共に紹介してくれている、非常に読み応えのある書籍です。

軽い気持ちでサラッと読んだだけでも、自分がいかに思い込みに縛られているのかを教えてくれます。

 

例えば、地球の人口は右肩あがりに増えていくと多くの人が思っていますよね?
ここでこれを例えで出したということは・・・そう、お察しの通り、それも思い込みなのです。

本の中では直線本能という思い込みの事例として紹介されています。

地球の人口は確かに増えていますが、実は子供の人口はしばらく横ばいが続いています。
これが表しているのは、将来的に人口増加は頭打ちするということです。

しかし、地球の人口は右肩上がりで増え続けてきているので、直線的にこれからも増えていくと思い込んでしまっています。

 

誰かが悪いと言うことではなく、右肩上がりに増えているグラフを見ると、直感的にこれからもそうなると思い込んでしまうのが人間なんですよ。だから、その思い込みに囚われないために事実やデータを集めましょうねって事が書かれています。

 

読み物として面白いので、雑学のつもりで読んでみてもいいかもしれません。
軽い気持ちで読んでも、一生ものの財産となるような知識が手に入ります。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 | ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロンランド, 上杉 周作, 関 美和 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロンランド, 上杉 周作, 関 美和のFACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣。アマゾンならポイント還元本が多数。ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロ...

コメント


タイトルとURLをコピーしました