【B評価】敬語の使い方が面白いほど身につく本

3.5
コミュニケーション

正しいだけではダメ。敬意が相手にきちんと伝わるようにシーン別の表現をマスターする。

敬語の使い方が面白いほど身につく本について

敬語の使い方が面白いほど身につく本ーーあなたの評価を下げている原因は「過剰」「マニュアル」「繰り返し」 (ビジネスベーシック「超解」シリーズ)
TOKYOFM「BLUE OCEAN」にて紹介されました。 ■ 敬語をうまく使えないと損をする 私たちNHK放送研修センター日本語センターには、 数多くの新社会人に対する言葉遣いの研修の要請があります。 講師はすべてアナウンサー経験者ですので、 テレビなどで使う平易で、 かつ丁寧な敬語を基本に指導しています。 その観点...

概要

著者合田敏行
発売日2017年3月23日
ページ数160ページ

著者 合田敏行について

一般財団法人NHK放送研修センター・日本語センター部長。1958年東京都出身。

1980年、東京大学文学部国語国文学科国語学研究室を卒業。NHKにアナウンサーとして入局。新潟、高松、仙台、大阪などで勤務。東京アナウンス室では、「ひるどき日本列島」「くらしの経済」「実践はなしことば」「アイデア対決ロボットコンテスト」などの番組を担当。長崎放送局長、放送文化研究所研究主幹などを経て、現職。現在、NHK放送研修センター・日本語センターで、企業向けの研修などを担当

敬語の使い方が面白いほど身につく本の評価・レビュー

評価平均3.8 ★★★★☆
amazon4.0 ★★★★☆
楽天ブックス3.6 ★★★★☆
ブクログ2.8 ★★★☆☆
ホント3.9 ★★★★☆
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

敬語の使い方が面白いほど身につく本の価格

定価1,210円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者合田敏行
発売日2017年3月23日
ページ数160ページ
総合評価3.8 ★★★★☆

敬語の使い方が面白いほど身につく本

タイトルとURLをコピーしました