【C評価】自己矛盾劇場

3.0
ロジカルシンキング

自己矛盾の三つの特徴。

(1)自ら気づくことはきわめて難しい。(2)気づいてしまうと、他人の気づいていない状態が滑稽でたまらない。(3)他人から指摘されると「強烈な自己弁護」が始まる。

笑っている自分が、実は笑われている側かもしれない―。「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する。

自己矛盾劇場について

自己矛盾劇場 ―「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する
自己矛盾劇場 ―「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する

概要

著者細谷功
発売日2018年12月24日
ページ数148ページ

著者 細谷功について

ビジネスコンサルタント、著述家。

1964年、神奈川県に生まれる。東京大学工学部を卒業後、東芝を経てビジネスコンサルティングの世界へ。米仏日系コンサルティング会社を経て、2009年よりクニエのマネージングディレクターとなる。2012年より同社コンサルティングフェローに。問題解決や思考に関する講演やセミナーを国内外の大学や企業などに対して実施している。
著書に、『地頭力を鍛える』『アナロジー思考』『問題解決のジレンマ』(以上、東洋経済新報社)、『いま、すぐはじめる地頭力』(だいわ文庫)、『メタ思考トレーニング』(PHPビジネス新書)、『会社の老化は止められない』(亜紀書房)、『やわらかい頭の作り方』(筑摩書房)、『具体と抽象』『「無理」の構造』(以上、dZERO)などがある。

自己矛盾劇場の評価・レビュー

評価平均3.0 ★★★★☆
amazon4.1 ★★★★☆
楽天ブックス3.8 ★★★★☆
ブクログ2.0 ★★☆☆☆
ホント3.8 ★★★★☆
主要書評サイト
読書メーターブクログホント

自己矛盾劇場の価格

定価1,980円

最安値をチェックする

amazon楽天ブックスヤフーショッピング
ブックオフメルカリヤフオク

まとめ

著者細谷功
発売日2018年12月24日
ページ数148ページ
総合評価3.0 ★★★★☆
自己矛盾劇場 ―「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する
自己矛盾劇場 ―「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する
タイトルとURLをコピーしました