競争力は上手く競争するコツを学ぶことが土台になる気がする

その他

競争する

日常的なことですが、ここ日本ではあまり競争を良しとしない感じになってきている気がするのは僕だけでしょうか・・・?

わかるんですけどね。
勝った負けたで優劣をつけるのは相手を傷つけることになります!とか、そういう論調も。

でも、だからといって競争は避けられない気がしています。

 

そして、なんなら日本人は競争が実は得意なんじゃないかな?とも思っていて、知らないのは競争の仕方なんじゃないかな?と。

そこがわかり、多くの人がマスターすれば、もっともっと競争力のある日本になる気がしているんです。

身近な競争に対して僕が感じているあれこれ

僕の周りを見てという注釈付きではありますが、競争に対してこういうことが起きているように感じています。

そして、それはあまり好ましくないことが多い気がしています。

日本人は実は競争が好きなのでは?

日本人は実は競争が好きなのではないかな…と思うことがよくあります。

例えば、日本人は比較を好むとたびたび言われます。
この比較するという行為そのものが、すでに競争心の現れと言いますか、追い付け追い越せ精神の発露と言いますか、競争をするための本能を強く持っていると思うのです。

競争相手を落とすことを学んでしまっている

日本人は競争心が旺盛だとしても、負けるときの負け方がイマイチ上手くない気がしています。

負ける悔しさとの付き合い方と言えば適格かもしれません。

 

負けそうになったり、勝てそうにないとわかる相手には、足を引っ張ることで自分の負けを確定させない、もしくは自分を有利にしようとする傾向が強い気もします。

その結果、平均が好きで、みんな同じであろうとする国民性が備わるのだとも思います。

競争に否定的な世代が社会の中心になり始めている

今は競争を良しとしない価値観が根付き始めているとも聞きます。

運動会でも競争を避けるといったことが当たり前となり、それを当たり前とする子供たちが育って社会に出て、そろそろその世代が中心になりつつある。

競争を不要なモノ、避けるべきものと考えるようになった結果、どういう着地点を求めるようになっているのだろうか・・・。

競争をしないということを最優先すると、それは未開の地を選ぶか、誰もが避けたい状況を好んで作り出すことになるのでは…という気がしてなりません。

競争を前向きに捉えるために

僕は競争が好きではありませんが、でも、避けたらいけないとも思っています。
むしろ、競争はあるべきだとすら思っています。

それには次のような理由があるためです。

競争は悪ではない

競争することは決して悪ではありません。

悔しい思いをすることもあることも多々ありますが、競争の結果として強者が残るというシステムやメカニズムのお陰で社会は成立している部分があると思っているからです。

例えば、強い会社が残るから経済が成長します。
何らかの策略を持って弱い会社が残るような事が起きると、一気に経済は弱くなり、その弱くなったところを外資企業が狙って…みたいなことが起こりうるとも思うのです。

 

強きものを残すためには競争が必要だし、それは長い目で見れば自分のためにもなるはずです。

そういう競争が生み出すメリットのようなものをもっと認めていくほうが良いんじゃないかな…とも思います。

競争する軸の作り方が大切

競争をして、勝ち負けを決めることも大切だと思う。
それと同時に軸や土俵を作るという発想も大切で、ここは日本においてあまり重視されていない気がしているんです。

 

共通のルールで競争をして、勝ち負けがつく。
それはそれで仕方がないという時は多々あります。

 

そうじゃなくて、ルールはあってないようなものだとする状況での競争の場合、相手に勝てない土俵で勝負をしないしたたかさのようなものが重要になってきます。

力の勝負で勝てないなら、他の軸はどうか。
スピードなら勝てそうだと思うなら、スピードで勝負を挑んでみる。

そんな軸の切り替えや土俵の切り替えという発想が大切なのかな…と思いますし、これは競争をしていくなかで身に着けていくことだとも思うのです。

弱点の補強より長所の成長

負けた時に、弱点を鍛えることでより完成かつ完全になろうとする部分が日本人にはあると思うけど、この発想はほどほどでいいと思います。

なぜなら、弱点をどれだけ鍛えても、そこを長所にしている人には勝てないからです。

走るのが早い人と、遅い人がいたとして。
遅い人が頑張ってきたえても、そこそこになるのが関の山です。

その弱点が致命的ではないのなら、弱点の補強はそこそこに、長所を伸ばすことのほうが大切だという価値観の浸透が大切だと思うんです。

まとめ

そんなわけで、長所を伸ばすことが大切だし、そのためには競争を前向きに捉えることが大切なんじゃないかな…と思うんです。

でも、今は競争を避けようとすることが多いように感じます。

 

そこには、変に競争なんかしてしまうと、後からやっかみや逆恨みをされて面倒なので、そんな事になる前に競争は避けたいという心理なのかもしれません。

その気持ちもわかりますが、競争することで長所を知ったり、無駄な労力をかけることを避ける事にも繋がるはずだと思いますので、競争をもっと前向きに健全に捉える空気が広がってほしいな・・・と。

そんなことをふと思ったので書いてみました。

タイトルとURLをコピーしました