地政学を学べるおすすめ本12選

地政学

地政学を学べるおすすめ本

新しい世界の資源地図

評価:4.6

地政学リスクから第一人者による、米中を中心とした経済、エネルギー資源をめぐるパワーバランスなどにより世界はどのように変化しようとしているのかを解説している一冊です。

【S評価】新しい世界の資源地図
原油価格はなぜ激しく変動するのか? 米中関係はどうなるのか? 地政学とエネルギー分野の劇的な変化によって、どのような新しい世界地図が形作られようとしているのか? 地政学リスクから第一人者が読み解く『ウォール・ストリート・ジャーナル』ベ...

2030 半導体の地政学

評価:4.5

日本経済新聞の編集委員による、半導体をめぐる米中を中心とした技術覇権争いの行方について解説されている一冊です。

【S評価】2030 半導体の地政学
米中対立の情勢分析、最先端の技術開発の現場ルポ、過去の日米摩擦の交渉当事者の証言などを交えながら、技術覇権をめぐる国家間のゲームを地政学的な視点で読み解き、ニッポン半導体の将来像を展望します。 2030 半導体の地政学について 概要...

マッキンダーの地政学

評価:4.4

オックスフォード大学地理学院初代院長であり現代地政学の祖が残した、地政学界に燦然と輝く名著。地政学を学ぶなら読んでおくべき一冊。

【A評価】マッキンダーの地政学
国際関係を常に動態力学的に把握しようとする“ハートランドの戦略論”の全貌。地政学の祖マッキンダーの幻の名著。 マッキンダーの地政学について 概要 著者 ハルフォード・ジョン・マッキンダー 発売日 2008...

新しい地政学

評価:4.2

地政学における日本の頭脳とも呼ばれる方が集結し、アメリカの今後の動向、世界の変化などを論じた一冊。

【A評価】新しい地政学
日本を代表する知性を結集!再び動き始めた「地理」と「歴史」で世界を理解する。 新しい地政学について 概要 著者 北岡伸一 細谷雄一 発売日 2020年2月28日 ページ数 421ページ ...

世界史で学べ! 地政学

評価:4.2

駿台予備校などで世界史を教える人気講師が教える地政学。リアリティのある歴史が学べるために学ぶことが禁じられてきたという過去を持つ地政学、しかし歴史を正しく学ぶには避けて通れない地政学。それを余すことなく学ぶことができます。

【A評価】世界史で学べ! 地政学
敗戦後の日本では地政学の研究自体が禁じられ、タブー視されました。 代わりに理想主義史観が幅をきかせることになったのです。 こういったお花畑歴史観、世界観を正すために、地政学は有効です。 世界史で学べ! 地政学について 概要 ...

地政学入門

評価:4.1

元外務省の首席分析官佐藤優氏が教える地政学。
世界を正しく捉えるためには欠かせないとされる地政学、なぜそういわれるのかということをシッカリと理解できる一冊です。

【A評価】地政学入門
世界を動かす「見えざる力の法則」、その全貌。地政学テキストの決定版! アメリカの対タリバン戦争敗北は、地政学を軽視した結果である。 地政学入門について 概要 著者 佐藤優 発売日 2021年11月10日...

こども地政学

評価:4.1

朝日新聞主筆の著者による、こどもでも地政学を理解できる一冊。

【A評価】こども地政学
こどもから大人まで、地政学を学ぶための最初の一冊として最適! P20‐21「世界の国々にはさまざまなグループがある」では,NATO(北大西洋条約機構)や国際連合(国連)についても解説。 P50-57「「ランドパワー」と「シーパワー」...

「帝国」ロシアの地政学

評価:4.1

東京大学先端科学技術研究センター特任助教でありロシア情勢に非常に詳しい著者による、地政学観点でのロシアの今と今後の野望が理解できる一冊。

【A評価】「帝国」ロシアの地政学
ウクライナ、中東、北方四島、そして北極へ。東西南北に張り巡らされるロシアの新勢力圏。露わになるロシアの軍事的野望の向かう先は?混迷する世界秩序を理解するための必読書! 「帝国」ロシアの地政学について 概要 著者 小泉...

戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー

評価:4.1

NHKで30年以上にわたって、軍事・安全保障専門の国際記者、解説委員を務めた著者が、地政学的観点でアメリカや中国の今後の戦略、日本の現状などを解説されている一冊です。

【A評価】戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
アメリカやロシア、中国は地政学をどのように利用しているのか?日本の地政戦略とは?そして、沖縄の位置づけとは?覇権ゲームの時代を地政学で読み解く。地政学的な視点を持てば、日本の進むべき道が見えてくる―。 戦略の地政学 ランドパワーVSシーパ...

海の地政学

評価:4.0

獨協大学外国語学部教授の著者による、海を中心としてみた地政学的観点での各国の歴史や情勢を教えてくれている一冊。

【A評価】海の地政学
地球の面積の7割以上を占める海。大航海時代以来、その覇権をめぐって、多くの国々が鎬を削ってきた。スペイン、オランダ、イギリス、二度の大戦を経て頂点に君臨するアメリカ。そして国際ルールへ挑戦する中国…。本書は、航路や資源、国際的な法制度など多...

日本人が知るべき東アジアの地政学

評価:4.0

駿台予備学校の講師でもある著者が、地政学的観点で東アジアの今後について解説してくれている一冊です。

【A評価】日本人が知るべき東アジアの地政学
大人気!予備校講師茂木誠が世界史の教養で米中覇権争いと「統一朝鮮」を読み解く。→その時、日本はどうする!? 日本人が知るべき東アジアの地政学について 概要 著者 茂木誠 発売日 2019年6月25日 ...
タイトルとURLをコピーしました