地政学

【A評価】日本人が知るべき東アジアの地政学

大人気!予備校講師茂木誠が世界史の教養で米中覇権争いと「統一朝鮮」を読み解く。→その時、日本はどうする!? 日本人が知るべき東アジアの地政学について 概要 著者 茂木誠 発売日 2019年6月25日 ...
地政学

【A評価】地政学入門

世界を動かす「見えざる力の法則」、その全貌。地政学テキストの決定版! アメリカの対タリバン戦争敗北は、地政学を軽視した結果である。 地政学入門について 概要 著者 佐藤優 発売日 2021年11月10日...
地政学

【A評価】マッキンダーの地政学

国際関係を常に動態力学的に把握しようとする“ハートランドの戦略論”の全貌。地政学の祖マッキンダーの幻の名著。 マッキンダーの地政学について 概要 著者 ハルフォード・ジョン・マッキンダー 発売日 2008...
地政学

【A評価】こども地政学

こどもから大人まで、地政学を学ぶための最初の一冊として最適! P20‐21「世界の国々にはさまざまなグループがある」では,NATO(北大西洋条約機構)や国際連合(国連)についても解説。 P50-57「「ランドパワー」と「シーパワー」...
国際政治

【A評価】最強兵器としての地政学

朝鮮戦争・ベトナム戦争から現在進行中の南シナ海紛争まで、そのカラクリが、類書にないオリジナルのチャートと地図で一目瞭然!二色刷!目からウロコの地図満載!現実を直視し“九条真理教”を捨て、“海洋国家”日本に目覚めよ!!リーマンショック、クリミ...
国際政治

【S評価】日本の地政学

日本は東洋のイギリス、中国は東洋のドイツ、習近平はヒトラー、今後の世界はこうなる!モスクワ滞在28年のリアリストが指し示す勝利の法則。 日本の地政学について 概要 著者 北野幸伯 発売日 2020年12月...
地政学

【A評価】新しい地政学

日本を代表する知性を結集!再び動き始めた「地理」と「歴史」で世界を理解する。 新しい地政学について 概要 著者 北岡伸一 細谷雄一 発売日 2020年2月28日 ページ数 421ページ ...
地政学

【B評価】教養としての「地政学」入門

≫地政学はなぜ必要か? 平たくいえば「国は引っ越しできない」から。 ≫「陸は閉じ、水は開く」 ―シュメール人のことわざに地政学の萌芽があった。 ≫「どうすれば、サンドイッチの具にならずに済むか、という問題」をめぐって、世界史の権謀術...
地政学

【A評価】「帝国」ロシアの地政学

ウクライナ、中東、北方四島、そして北極へ。東西南北に張り巡らされるロシアの新勢力圏。露わになるロシアの軍事的野望の向かう先は?混迷する世界秩序を理解するための必読書! 「帝国」ロシアの地政学について 概要 著者 小泉...
地政学

【C評価】地政学入門 改版

地政学とは地球全体を常に一つの単位と見て、その動向をリアル・タイムでつかみ、そこから現在の政策に必要な判断の材料を引き出そうとする学問である。誤解されがちだが、観念論でも宿命論でもない。本書は現代の地政学の開祖マッキンダー、ドイツ地政学を代...
地政学

【A評価】戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー

アメリカやロシア、中国は地政学をどのように利用しているのか?日本の地政戦略とは?そして、沖縄の位置づけとは?覇権ゲームの時代を地政学で読み解く。地政学的な視点を持てば、日本の進むべき道が見えてくる―。 戦略の地政学 ランドパワーVSシーパ...
地政学

【A評価】世界史で学べ! 地政学

敗戦後の日本では地政学の研究自体が禁じられ、タブー視されました。 代わりに理想主義史観が幅をきかせることになったのです。 こういったお花畑歴史観、世界観を正すために、地政学は有効です。 世界史で学べ! 地政学について 概要 ...
地政学

【B評価】世界のニュースがわかる!図解地政学入門

「地政学」――つまり“地理的な条件が一国の政治や軍事、経済に与える影響を考えること"である。 これをひと言で定義すると「世界で起こってきた戦争の歴史を知る」になる。 地理的な条件とは、領土やその周辺地域のこと。 領土といえば国同士...
歴史

【A評価】知ってはいけない現代史の正体

「誰が戦争を望み、利を得てきたか」そこから、本当の歴史が見えてくる。ディープステートつまり世界の真の支配者の原点は、ある勢力がある時期、アメリカの重要な部分を牛耳ったことにあります。アメリカの重要な部分とはつまり、「金融」と「司法」と「メデ...
経営

【A評価】ワークマン式「しない経営」

社員のストレスになることはしない。ワークマンらしくないことはしない。価値を生まない無駄なことはしない。「しない会社」が、どのようにブルーオーシャン市場を発見し、客層拡大して業績を上げたのか。どのように自分の頭で考える社員を育てたのか。 ワ...
タイトルとURLをコピーしました