【読書とアウトプット】読書内容をアウトプットする利点や方法

読書法

アウトプットする

それを前提とした読書を強く勧める方が多くいらっしゃいます。

そのアウトプットには主に発信と実践という2種類の意味が含まれていますが、いずれにしても、アウトプットをすることが読書体験を最大化する仕組みとして浸透されつつあります。

 

では、実際に読書家の先生たちは、自身の読書本の中でアウトプットについてどのように言及されておられるのか。

そのような部分をまとめさせていただきました。
あなたの読書体験のアウトプットにお役立てください。

読書のアウトプットに関する主なポイント

整理しないから定着しない。整理するから定着する。

読んだ内容を後日覚えていないのは、読んだ内容を自身の中で整理するという段階を踏んでいないから。

読んだ内容、学んだ事を自身の手で整理することで、知識となる。
アウトプットすることによって、読んだ内容への理解が増して、知識となる。

読んだ内容のただの書き写しではなく、読んだ内容の整理をするつもりでノートやメモにまとめることが大切。

「要約できる」が本を読んだと言える基準

読書した冊数が大いに越したことはありませんが、冊数が多ければ良いと言うモノでもありません。

大切なのは、読んだ本を自分の言葉で要約できるのかどうか。
要約するためには本の内容を自分の中に落とし込んで理解しておく必要があります。

要約できないということは、本の内容が自分の中に落とし込まれていないということでもあります。

読んだ冊数が大切なのではなく、何冊要約して説明できるのかが大切です。

アウトプットをスムーズにするには読む前の準備が大切

アウトプットが上手くいかない時と上手くいく時の違いは、読書をする前の段階で凡そが決まっている。

本を読む前に、次のような点を自身がどれだけ把握していたのか。

  • なぜ本を読もうと思っているのか
  • なぜその本を選んだのか

このような点を自身で自覚していないのなら、どれだけ本を読んだとしてもアウトプットは難しい。

目的意識を持ち、吸収してやろう!という意欲で進める読書だからこそ、アウトプットもスムーズになる。

成果とはアウトプット。成果を出すならアウトプットは必須

仕事の成果のために読書をするのなら、アウトプットを行うことは必須です。

読書でインプットした内容を、そのまま記憶の中に閉じ込めておいても何の成果にもなりません。
学んだ内容をアウトプットしてこそ価値がありますので、必ず読んだ内容をアウトプットに役立てる意識が大切です。

ただ、いきなり仕事に使うことだけがアウトプットではなく、読んだ内容を自分なりにまとめることも立派なアウトプットです。それを経て、更に読んだ内容の記憶は強化されますので、読書ノートを付けたりするという行為も、間接的に仕事の成果に繋がっています。

読書する時には記録するための文房具を用意する

読みながら書く、読んだ後に書く、書籍内にコメントする…等々、読むと書くをワンセットにすることが読んだ内容を自身に定着させやすくする。

付箋やマーカーなども良い。

本をノートのつもりでどんどん書き込んでいく。
そのつもりで文房具を用意する。

また、道具からテンションを上げていくというのも大切。

読書内容をアウトプットする上での注意点

ネット上に感想やポイントを書くべきなのか

本来、インプットとアウトプットは、以下のように同じ手法を用いるのではないだろうか?

  • 漫画に刺激を受けたから、自分も漫画で表現してみよう
  • 音楽に刺激を受けたから、自分も音楽で表現してみよう
  • 小説に刺激を受けたから、自分の小説を書いてみよう

インプットで受けた刺激を、同じ表現方法でアウトプットすることが自然ではないだろうか?

ところが、読んだ本の「感想」や「要点」をネット上に書くというアウトプット法を取り入れている人が多くいるが、そのようなやり方はアウトプットの手法という点で疑問が残る。

本を読んだ内容を忘れないためならメモでいいはず。
感想を挙げるというのはその本について議論を求めていると捉えることができるが、感想を他者と議論する必要なんてないはず。

要点をアップするという行為も本来はメモで良いはずだし、本の内容の一部を丸ごとそのままアップしている人は厳密に言えば著作権法違反でもある。

要点や感想をネット上に残す必然性はないはず。

アウトプットが誰かのインプットであるということ

あなたが残すアウトプットが、誰かの目に触れたり、誰かの耳に届くとしたら、それはその人にとってのインプットになっているという事実がそこにある。

そのインプットによって、その人は心を揺さぶられる、新しい知識を得るなどがあって、そのインプットを評価する。それらがないなら価値がないインプットとみなされる。

つまり、良いアウトプットとは何かとなると、それを受け取った人の心を揺さぶったり、問題を乗り越える知見を与えることが出来たアウトプットであるということになる。

アウトプットが目的なのではなく、それをインプットした人にとって価値のあるアウトプットを目的にすることが大切。

まとめ

読書内容をアウトプットすることそのものに否定的な読書家の先生は皆無といっても過言ではありません。

例えば、メモを取る取らないに関しての意見の不一致が見られることはあれど、アウトプットすることそのものは自然な流れだとする先生が多いという印象です。

その理由の1つとして読んだ知識を使えるというのは、頭の中に入った知識を取り出せて初めてそう表現することができるためです。

アウトプットできてこそ読書で得た知識を使えると言えるはずです。

もう1つは、記憶に定着させるためです。
記憶には何度も何度も思い出したものほど定着しますので、アウトプットを繰り返すことは記憶への定着を助けます。

それらの理由からアウトプットには前向きな考えを持つ読書家の先生が多いですが、アウトプットをする場所や表現方法には留意したいという先生もいらっしゃいます。

場所と表現方法に注意しながら、アウトプットを重ねていくことが大切なようです。

主な参考書籍

コメント


タイトルとURLをコピーしました