【読書における速読】読書本に書かれているそのメリットや注意点5つ

読書法

速読する

読書法法のスキルと1つとされています。

短時間で本を読めるなんて、そんな最高なことないよね!と本好きの方や読書で勉強をしたい方には大人気のスキルではありますが、読書法の書籍を出されている著名な方は速読をどう捉えているのか。

 

そんな読書法の良書に記されている速読に関する記述を中心に抜粋し、まとめてみました。

結論から言うと、読書をする上では必須と言ってもいいけど、本を理解する上では速読は不要というのが読書法の良書に書かれている速読に関する見解の共通点です。

前もってお断りしておきます。
眼球をぎゅるぎゅる動かして、ページをペラペラめくっていくあの速読法とは違い、”流し読み”のニュアンスを速読と読んでいると解釈して頂けると助かります。

速読に関するポイント

速読することは不可欠なスキル

読書を愛する方の中には速読することをあまり良しとしていない方が居ますが、その考え方はあまり賢明とは言えないという意見も多くあります。

なぜなら、全ての本を時間をかけて読むほど人生の時間は長くはないからです。
良い本に出会い、その本から知見をたっぷり吸収するためには、イマイチな本や駄本に多くの時間をかけないことが不可欠だからです。

速読的スキルをマスターして、流し読みでその本は今の自分が読むべきか否かを判断することは、良い読書体験を積み重ねていく上で、非常に重要なことです。

結果としての速読を目指す

読むのが速く、理解も追いついているという人も中には居ます。

このような方は、その本の周辺知識をすでに豊富に持っていて、本の中から得られる知識が少ない=読む箇所が少ないので、結果的に早く読み終わっているだけというものです。

速く読むことが良いのではなく、周辺知識を持っているから読むべき個所がすくなく、結果的に速読になっている。

速読を目指す方は、この状態を目指すことを念頭におくことをオススメします。

文章構造から逆算する

本にはある決まったパターンがありますし、文章にも基本的な構成があります。

それは、”はじめ”と”おわり”が重要であるということです。
はじめにや目次で本の凡その内容が書かれており、そこを読めばおおよその内容はつかめます。

”おわりに”を読めばその本が結論として言いたいことがそこに書かれています。

また、文章もはじめ、もしくは終わりに言いたい事が書かれていますので、そこを重点的に読めば伝えたい事が何となくわかります。

それらの特徴を逆手に取ることも速読につながります。

選書段階の読むべき個所を絞り込む

この本は何が書かれているのか、自分はこの本から何を学べるのか・・・をざっくりと把握したい段階に使う速読(超速読)がある。

はじめにと終わりと目次を読み、あとはパラパラとめくりながら流し読みをすることで、その本のレベルをはかるという読み方です。

特に本の真ん中あたりを読むことで、本のレベルをはかることができます。

速読の注意点

スピードと理解量は反比例する

早く読むことと理解量は反比例の関係にあることがほとんどです。

1つの分野の本を積んで1.5mの高さになるだけの量を読めば専門家になれると言いますが、速読でそれを達成しても専門家レベルの知識量を得ることはありません。

専門家になれるだけの知識量を速読で得られるなら、速読家は知識分野で無双できるし、ビジネスも次から次へと立ち上げて成功させられるはずだが、速読を得意としている人は速読をウリにするしか稼ぎ方に執着しているのがその証明。

まとめ

読書本で速読について触れている個所を拾い読みしていっても、速読法の位置づけは、内容をザックリ把握する時に使う手法というニュアンスばかりでした。

速読法を効果的な読書をするための手法として紹介している本は皆無と言っても良いです。

 

理由は明確で、速読では名著や良書のエッセンスを抜き出すことはできないからです。

もし速読でそのような事が可能なら、速読が出来る人は良書や名著からその真髄をたっぷりと吸い上げることができますから、あらゆるビジネスで成功を収められる可能性があります。

しかし現実には、速読を売りにしている人は、速読というスキルを教えるビジネスぐらいしか展開できていないのが現状なのが、速読がどの程度の効果のスキルなのかを証明しています。

 

でも、読書を積み重ねていく上では、時間を効果的に使うためには速読は不可欠ですので、流し読み、飛ばし読み感覚で速読できるに越したことはありません。

だからと言って、どこかで習おうとしなくてもOKです。

目次、はじめに、おわりにを熟読し、あとはパラパラと読む程度の読み方ができればOKです。
それだけでも十分に本の内容をなんとなく把握できますし、要不要の判断を付けることはできますので。

是非あなたの読書習慣の参考にしていただければ幸いです。

主な参考書籍

コメント


タイトルとURLをコピーしました