A評価

地政学

【A評価】地政学入門

世界を動かす「見えざる力の法則」、その全貌。地政学テキストの決定版! アメリカの対タリバン戦争敗北は、地政学を軽視した結果である。 地政学入門について 概要 著者 佐藤優 発売日 2021年11月10日...
地政学

【A評価】マッキンダーの地政学

国際関係を常に動態力学的に把握しようとする“ハートランドの戦略論”の全貌。地政学の祖マッキンダーの幻の名著。 マッキンダーの地政学について 概要 著者 ハルフォード・ジョン・マッキンダー 発売日 2008...
地政学

【A評価】こども地政学

こどもから大人まで、地政学を学ぶための最初の一冊として最適! P20‐21「世界の国々にはさまざまなグループがある」では,NATO(北大西洋条約機構)や国際連合(国連)についても解説。 P50-57「「ランドパワー」と「シーパワー」...
国際政治

【A評価】最強兵器としての地政学

朝鮮戦争・ベトナム戦争から現在進行中の南シナ海紛争まで、そのカラクリが、類書にないオリジナルのチャートと地図で一目瞭然!二色刷!目からウロコの地図満載!現実を直視し“九条真理教”を捨て、“海洋国家”日本に目覚めよ!!リーマンショック、クリミ...
地政学

【A評価】新しい地政学

日本を代表する知性を結集!再び動き始めた「地理」と「歴史」で世界を理解する。 新しい地政学について 概要 著者 北岡伸一 細谷雄一 発売日 2020年2月28日 ページ数 421ページ ...
地政学

【A評価】「帝国」ロシアの地政学

ウクライナ、中東、北方四島、そして北極へ。東西南北に張り巡らされるロシアの新勢力圏。露わになるロシアの軍事的野望の向かう先は?混迷する世界秩序を理解するための必読書! 「帝国」ロシアの地政学について 概要 著者 小泉...
地政学

【A評価】戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー

アメリカやロシア、中国は地政学をどのように利用しているのか?日本の地政戦略とは?そして、沖縄の位置づけとは?覇権ゲームの時代を地政学で読み解く。地政学的な視点を持てば、日本の進むべき道が見えてくる―。 戦略の地政学 ランドパワーVSシーパ...
地政学

【A評価】世界史で学べ! 地政学

敗戦後の日本では地政学の研究自体が禁じられ、タブー視されました。 代わりに理想主義史観が幅をきかせることになったのです。 こういったお花畑歴史観、世界観を正すために、地政学は有効です。 世界史で学べ! 地政学について 概要 ...
歴史

【A評価】知ってはいけない現代史の正体

「誰が戦争を望み、利を得てきたか」そこから、本当の歴史が見えてくる。ディープステートつまり世界の真の支配者の原点は、ある勢力がある時期、アメリカの重要な部分を牛耳ったことにあります。アメリカの重要な部分とはつまり、「金融」と「司法」と「メデ...
経営

【A評価】ワークマン式「しない経営」

社員のストレスになることはしない。ワークマンらしくないことはしない。価値を生まない無駄なことはしない。「しない会社」が、どのようにブルーオーシャン市場を発見し、客層拡大して業績を上げたのか。どのように自分の頭で考える社員を育てたのか。 ワ...
お金

【A評価】お金のむこうに人がいる

経済とは「誰が、誰を幸せにしているか?」を考えること。お金を取っ払って「人」を見れば、とたんに経済はシンプルになる。一度に数千億円を動かしてきた元ゴールドマン・サックス金利トレーダーが「経済の原点」から徹底的に考えた、予備知識のいらない経済...
転職

【A評価】成功する転職面接

面接で大事なのは、「本番」よりもむしろ「準備」!自己分析や面接での受け答えを現役転職エージェントが徹底解説!採用担当者が即決する実践的なノウハウが満載! 成功する転職面接について 概要 著者 末永雄大 発売...
転職

【A評価】転職2.0

キャリアの常識は180度変わった。 今すぐ、転職のOSをアップデートせよ! 〝キャリアのオピニオンリーダー″として、いまメディア最注目! 米国・〝働き方″の最前線企業・LinkedIn日本トップの著者が、 「望み通りのキャリア」...
転職

【A評価】転職の思考法

転職に必要なのは「情報」でも「スキル」でもなく、確かな「判断軸」である。一生食えて、心から納得のいく仕事を見つける方法。 転職の思考法について 概要 著者 北野唯我 発売日 2018年6月21日 ...
お金

【A評価】新版 金融の基本

金融業界を目指す人、金融の仕事を知りたい人、基本の一つ先に進みたい人におススメ。 「東インド会社」で始まった金融のしくみがAIにつながるまでの物語を解説しました! 新版 金融の基本について 概要 著者 田渕直也...
タイトルとURLをコピーしました